てんかんは知名度こそ高いですが、正しく理解していない人が多い病気ではないでしょうか。てんかんは、遺伝するのか?などといった、てんかんについての基礎的な知識を紹介します。

熱性痙攣の分類とてんかんとの関係性とは

熱性痙攣とは、乳児に見られる発熱性のけいれんを指します。

熱性痙攣の分類としては、発症が5分以下であり、発症に左右差がなく、意識の回復が早いものを単純熱性痙攣と分類し、この単純ではない場合の熱性痙攣を複雑熱性痙攣と分類します。またこの病気はあくまで痙攣であり、てんかんではありません。

熱性痙攣は、突発性発疹やはしかなどの感染症にかかった場合に、熱が上がり始めた時に発症するといった特徴があります。そしてこの発作は、1分から3分程度の範囲であり、また生後1か月から5か月あたりの時期に頻発しやすい反面、6歳を過ぎたあたりからあまり発症をしなくなります。

基本的には一過性のものである為、後遺症などの心配もありませんが、発熱の度に再発を繰り返すなどといったケースも存在します。その場合には、予防的な観点から抗てんかん剤を使用する事がありますが、決して、てんかんとの関係性によるものからではありません。

また、親やその子の近親者にあたる者が幼少時に熱性痙攣を起こしていた経験があると、その子もそれを起こしやすい傾向があると言われています。

そして痙攣を起こした時の対処法としては、まずは衣服を緩めて顔を横向きにします。

これは痙攣が起きた事により、硬直した体で衣服を締め付け、子供自体を圧迫させない様にする為です。
また吐く事もある為、気管に詰まらせない為にも顔を横向きにします。

次に時間を計ります。

痙攣が10分以上継続している様であれば、早急に病院へ連れていく必要があります。

次に熱を測ります。

この症状の場合であれば、38度以上といった高熱を伴う為、仮に熱が出ていないのにも関わらず痙攣を起こしている時は、違う疑いが考えられる為、早急に病院へ連れていく必要があります。

最後に全身を確認します。

痙攣後の目の動き、顔色、呼吸、手足の状態などといった所を確認します。再発の抑制の為、脇の下などを冷やすと効果的です。